Q&A
[一覧] [1つ前に戻る] [ホームへ戻る]
ドバトはどんな病気がありますか?
ドバトにはいろいろな病気や寄生虫を人にうつす可能性があります。
又、羽毛でアレルギー症状が出たり、糞にも病原菌が含まれています。
以下、主な病原菌を記載します。

サルモネラ食中毒
集団食中毒の多くが、サルモネラ菌によって起こります。
この菌はネズミの排泄物によって媒介されるのですが、ハトの約2%がこの菌を保有しそのフンからサルモネラ食中毒が起こっています。

脳炎
ハトも脳炎ヴィールスを保有することがあり、コガタアカイエカの媒介によって人に感染します。
高熱・頭痛・嘔吐があり、2、3日後に意識混濁、けいれん等が起こります。
感染した人の20%は、治っても手足の麻痺や知能障害などの後遺症が残ります。

アレルギー
羽毛や乾燥フン末により、喘息発作を伴う重いアレルギー症状を起こすことがあります。
また伝書鳩の飼育者のなかには末梢ガス交換組織を侵す肺疾患が発生することがあります。
これは、ハトの排泄物中の抗原を吸入することによって引き起こされます。

オウム病(ピジョン、オーニソージス)
オウム病は従来トリ類に感染する疾病であり、トリと人との接触により人間に感染することがあり、これはヴィールスによって起こり、軽症のものはカゼと似た程度ですが、重くなると肺炎のような症状を呈します。
ハトのフンや呼気沫に含まれるヴィールスによって感染れ、ハトの30〜75%がこのヴィールスを持っているといわれています。
ハトに接触する機会の多いお寺の職員のオウム病交代保有調査で18%が陽性でした。

クリプトコッカス症
クリプトコッカス(クリプトコックス)と呼ばれる菌が感染することにより起きる病気です。クリプトコッカスとは、Cryptococus neoformansという真菌症の一種で、これに人が感染すると軽症の場合は皮膚炎程度、重傷になると脳、脳脊髄膜に病巣を作り死を伴うこともあります。
ドバトの排泄物のなかからも分離され、乾燥した排泄物やほこりなどと一緒に人体に呼吸され発病します。
この菌は乾燥に強く、2年以上も菌が生存するといわれています。
多くは、体力や抵抗力が落ちた時か、体力を消耗する病気の二次感染として起こります。

ニューカッスル病
ハトを含む多くのトリがこの菌をもち、呼気沫や外部寄生虫の媒介によって発病します。
ニワトリのニューカッスル病は野鳥がヴィールスを運ぶためともいわれています。
人間に感染しますと急性類粒結膜炎が一般的な症状として知られています。

トキソプラズマ症
Toxoplasma gondiiという原虫が原因で起こります。
妊婦がこの原虫の胎盤感染をうけますと流産し、また出産しても産まれた子供に脳障害を生じることが多い危険な病気です。

ヒストプラズマ症
Histoplasma casulatarum というカビの一種により発病し、肺結核に似た症状を起こします。
このカビはハトのフンに空気中の胞子が落ち、温度・湿度などの条件がそろうと急に増殖し、これに人間がふれると感染します。
オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです